« 2007年12月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年1月

2008年1月20日 (日)

不調

「今年(この冬)は風邪をひく気がしない」なんて職場でも豪語したりもしたものですが少し体調を崩したようです。風邪ではなさそうですがとにかくダルイ・・・正月休みでなまりきった体で少々無理をしてしまったようです。昼食を済ませ工房に入るもののあまりに寒いことと多少頭がボーっとするので木工は断念しました。明日は雪みたいだし大事をとることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

留守番

今夜は妻不在です\(^o^)/仕事を終えて気兼ねなく木工する予定でした。結局一休みの予定がこたつで眠りについておりました・・・・どうやら正月休みの鈍りが抜けないようです。起きたばかりですがまた寝ます(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

フェンス利用

昨晩からの大雨でお休みになりました。やけに眠くて二度寝して、起きたのは昼でした^^;

午後から若い衆に昨年依頼を受けた斧の柄を据え付けたあとルーターテーブルの抽斗を作り始めました。高さのあるフェンスをビスケットジョインターの作業に利用してみました。結構作業性が良かったです。

Tfen

夕方まで作業して本日修了。明日が嫁の誕生日なんですがこれから焼肉屋(私の希望です)でお祝いです(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

新年初仕事

ということで2週間ぶりに職場(山ですが・・・雪だらけの^^;)で一日を過ごしました。

皆元気そうでしたがドイツもコイツも覇気の無い顔してました。私も油断するとダレそうでしたが気合で乗り切りました。もうヘトヘトですので寝ます(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

ルーターテーブルキャビネット

正月休みもいよいよ最終日となってしまいました(ToT)明日から仕事です。

「Uターン」「Iターン」という言葉はご存知の方も多いと思いますが私の職場の若い衆は殆どが「Iターン」という都会から田舎へと移住してきた者で私も名古屋(のとなり^_^;)からの「Iターン」15年目です。そおいう事情もあって私どもの職場の正月休み10日までのことが多いですが今週末は休み無しで働くことになっております。

ということで午後から仕事の準備他もありましたので午前中が正月休み最後の木工となりました。

Rtcab

これまでレポートしてきたルーターテーブルは先日ポーターブルタイプになっておりましたが結構重たくなって移動が面倒に感じましたのでキャビネットタイプに変更することにしました。あとは扉、抽斗、集塵ですが正月休みはもうお終いです。残りはボチボチやっていくことにします。

正月休み中の目標は達成できませんでしたが結構頑張ったと自己満足しております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

ドリルプレステーブル

Dpt_3

製作したテーブルをドリルプレスに取り付けて稼動していることは前回投稿で申し上げましたがその画像になります。フェンスを製作するつもりですがこの状態でもずいぶん使い勝手がよくなりました。野暮用ついでに購入してきた合板が邪魔なんで先に始末しときます。

Riftr1

リフター作業台のワークテーブル用にラワンベニア24mmを2枚積層しベンチドグ用の穴を空けました。ホームセンターで[ラワンベニア21mmの2枚重ね][ラワンベニア30mm1枚]の中から選択に迷いましたが21mmは店頭に積んである状態をパっと見ただけでもわずかながらも反りを確認できましたし高価な30mmで剛性不足を感じたとしてもそうそう変更はできないので24×2にしました。

狙いは的中したようでとても頑丈です。積層したといっても表面が傷んだら裏返して使えるように木ねじ固定です。これでポニークランプでもハンマーでも平気で放り投げれるワークテーブルになったと言いところですが貧乏性の私には24mmラワンベニアも安いものじゃございません。普段は更に安い合板を捨て板として乗せて作業することにいたします。

Riftr2

これならボンドや塗料が垂れたり丸のこで切ってしまおうが叩こうがへっちゃらです。まだ構想があってこれで完成ではありませんが少しずつグレードアップする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

野暮用

昨日、今日と野暮用でほとんど工房に入れませんでした(ToT)やれたことと言えばドリルプレステーブルの固定、未固定だったTスロットバーの固定くらいでした。たいした進展もないので画像はありませんm(__)m

それにしても大きめに作ったドリルプレステーブルはとても使い勝手が良さそう。Tスロットバーの穴加工に使った程度ですがそのつど即席で用意ものとは雲泥の差でした(あたりまえか・・・)

Tスロットバーといえば気付いたことがあります。

私が取り扱ったのはオフコーポレーション(以後「オフ社」)から購入したものとROCKLERから購入したものの2種類です。どちらも3/4インチ幅のもので3/4’ルータービットで加工した溝にオフ社のバーはユルユルでハマりますがロックラーのバーはとてもきつくて入りません(叩き込めばはいるかな?)。3/4のビットは2種類持っていてどっちで加工しても同じ結果です。ですからロックラーのバーは真っ直ぐな板を両側からはさんでテンプレートビットで加工しました。

こうやってみるとオフ社のバーのほうが良さそうですがオフ社のマイタースロットバーに入れてみると同社バーの組み合わせだとガタが大きく、オフ社×ロックラー社の組み合わせだとまったくガタもなくピッタリでかつスムーズに動く感じです。マイター&Tスロットを利用したJIGを作る際には良い組み合わせと感じました。ちなみに私のグリズリー・ハイブリッドソーにピッタリ合うのもロックラー社バーでオフ社バーはガタが大きいです。

以上、プチ情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

ドリルプレステーブル

ドリルプレステーブルの製作も長い間山積となっていた宿題の一つです。ドリルプレスは適当なベニア板とアルミフレームを使った簡易的なもので結構使えていたので放置プレイ状態。まとまった時間があるのということはとてもいいですねこの正月休みで結構片付きそうです。

Drptable0104_2

後はTスロットを取り付ける程度ですがTスロットバーが在庫切れ。中2本は材料押さえ用のつもりですがとりあえず短いやつでも入れとくか。

Oldrt0104_2

解体した旧ルータテーブルにもメラミンを貼り付けました。少し小さくカット済でテーブルソー右エクステンションテーブルの空きスペースに入れることにしました。時々2台あると便利なときがありますしテーブルソーのフェンスなら広いふところを生かせるときもあるかも。

なにはともあれもう粉塵地獄のMDFのルーター加工はあまりしなくてよさそうでホッとしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

1月3日 午前の作業

Rtrtable

ルーターテーブルトップ及びフェンスはこのような格好になりました。私が参考したニューヤンキーワークショップの少々大げさなルーターテーブルフェンスは材料を立てて使う際に安定性を得るためのものです。フェザーボード等も簡単に取り付けできるようTスロットを施しました。ダストポートが残っておりますが65mmホースや継ぎ手を入手してから取り掛かることにしますのでひとまずドリルプレステーブル製作に入ります。これも早いとこ済ませリフター作業台に少々手を加え正月休み中に作品(と言うほどのものではありませんが)作りに入る予定ですがさて?

Dptable

600×900のMDF15mmと21mmラワンベニアを貼り付けナラの縁を取り付けます。ちょっとオーバースペックかな?クランピングに自信がないので木ねじも効かせてありますがメラミンを貼る際に抜くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

謹賀新年m(__)m

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

先程(1/2 pm10:00頃)自宅に帰ってきました。相変わらず実家、嫁の実家ともに退屈で苦痛でした。女衆は話に花が咲いておりましたが私は付き合いきれません。木工はあきらめてますが、好きなときにパソコンが使えないのもキツイです。もともとTVはあまり見ないのに食っちゃ寝してTVの前に居続けるのがツラかったです。おまけに寝てると実家ではミニチュアダックス「まーくん」(1歳半)が「遊んでちょ~~」とばかりに顔にダイブしてきたりベロンベロンしてくるし嫁のところではガキンチョたちが大運動会・・・付き合わないぞオーラを出してもムダ「良いカモが来た!!」とばかりに絡まれまくり(ToT)

近いので帰省と言うほどのものではないが行かないと親不孝呼わばりされる、まったく正月なんて無くても良いと思うこともしばしば。そおいえば5,6年前までは仲間で集まったりしていたものですが皆齢をとったのか?どこへも出ずあきらめて寝正月とのこと。

いきなりめでたいはずの正月批判みたいですがあくまで他所での話し。明日からは自宅で好き放題、正月休みの再スタートです、フフフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年8月 »