« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

ちょっと一息一削り

続いて「ねずこ」を使って実用箱を作ります。

箱を作るというより鉋削りの難しい「ねずこ」を削るのが目的かも(^^ゞ

昨夜も今夜も対峙しているけどすこしづつ良い方向に向かっていると思う。但し要因は解らない・・・・とりあえず研いだ直後はそれなりに切れることは切れる。頻繁に研ぎながらやるしかないか。

P1030244

相乗効果か?薄削りも調子が良い気がする。少し薄くなったような気がする!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

鼠子寸八鉋箱

P1030240

ねずこの鉋削りに悪戦苦闘しながらも完成しました。

最終的にはサンディングに頼り、うずくりで研磨して木目を浮き立たせています。いかにも「木」らしい手触りも面白くて研究する価値のある仕上げ方法ですね。結構荒い筋がのこるような気もしますがうずくりも荒目や細目などの種類があるのかな?

P1030242

寸八鉋用の箱です。

桐箱が一般的ですが買うとなると3000円前後。ヘソクリは乏しいながらも幾つか欲しい(^^ゞのでストック材で自作してみることにしました。

桐材を持っていないので選択したのが軽くて柔らかい木曽ねずこでした。が、とにかく鉋仕上げの難しい材で苦労しました。

中仕切り板は端材で軟木の代表的な桐材でしたがねずこの方が削り難かったです。もう数点ねずこで製作して軟木削りのマスターを目指します。

ねずこ材は鉋仕上げは難しいですが上手く仕上げることができれば中々趣のある箱になると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

ねずこ箱の蓋板接着

まずは蓋板に使うねずこ材を鉋で削った・・・・相変わらずスカっと仕上げることはできないものの木目に対し斜めに削ることによって妙な逆目掘れはかなり抑えることができました。それにしても檜の柾目材は相当削り易い材で多少薄く削れるようになったくらいでは他では通用しないことを思い知らされました。(それでも薄削りも面白いので練習はします(^^ゞ)

P1030234_2

スカっと仕上がるまで削り続けると無くなってしまうので妥協して接着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

出勤簿チェックの日

今日は〆日。というわけで今夜は毎月恒例出勤簿チェックのためデスクワーク・・・・・残業手当はつきません(;一_一)トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ネズコめ・・・・

雨で休みになりました。

朝~午後にかけて用事があったので午後3時ころから工房にはいりました。

製作中の箱は軟らかいネズコ材採用のため製作中にちょっとしたことで凹んだりしてます。

ただでさえ鉋仕上げが困難なのに箱状態で鉋をかけなくてはならない上、蓋板なども仕上げなくてはいけないのでまずは鉋の準備。

スェーデン鋼の蒼龍「紋章」寸8を新しい台に入れ替えしました。台はヤフオクで購入した播州三木・仁村さんのうす赤樫台。

本当は勾配の寝た台にしたいところですがひとまず一枚台でねずこにリベンジしてみることに・・・・・

P1030225

ひとまず良好かな?

P1030227

私にとっては上出来なんですけどね~~~檜が相手ならね・・・・・・

ですが「ねずこ」が相手だとこれでは駄目でした(T_T)

スェーデン炭素鋼のおかげが良く切れて全体的には良くはなったのですがどうしても逆目掘れするところがあります。別の2枚台で裏金を効かせると更に駄目・・・・

P1030231

やっぱり私には時期尚早(T_T)そう易々と削りのレベルは上がらないでしょうし勾配の寝た台への入れ替えも直ぐには無理。もう諦めてサンディングしてうずくり仕上げすることにします(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴムループでクランピング

昨晩は疲労のためpm8:30には就寝しました。早く寝過ぎてam3:00ころ目が覚めてしまいました(所謂、老人の早起きとは早く寝るからかも!?)

ついでにクランピングもしておきました。

P1030229

軽トラックの荷台シート用に買ってあった30cmのゴムループが丁度良く使えました。

留加工、雇いホゾともそれなりの精度で出来て、仮組み状態で留め笑いなどは見らませんでした。ハタガネなどで強く閉め込む必要がないと感じたので採用してみました。

簡単で手早くできて使い易いですね。但しイモ接合やビスケットジョイント等の遊びがあるために留頂点の微調整が必要になる場合などは逆に使い辛いものかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

接着作業

の予定でしたが多分寝ます。ツカレタ・・・・・・(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

仮組

P1030221

ねずこの仕上りはともかく留め加工の方はまずまずの出来(自己満足(*^^)v)

P1030222

雇いホゾも入っているので強度も期待できます。

クランピングはまた明日(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

ねずこ手強し

検索してみると、やはり仕上げの難しい部類の木材とのことでした。

P1030218

田中正一郎「荒磯」東郷レイを大平の蓮華でいつもより時間をかけて研ぎこんでリベンジに挑みました。

いくらかマシにはなりましたがイマイチの仕上がり・・・・私が未熟であることは十分承知していますが鉋の資料を読むと桐材など軟材は大切れ刃で勾配の寝た鉋が良いようなので今度は軟材用に仕込んだ鉋でリベンジしてみます。腕がないなら道具で勝負です(^^ゞ

P1030219

軟らかいとこのような加工は楽なんですけどね~~~そこらに置く際も気をつけないと凹んだりして中々気をぬけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずこの鉋削りで苦戦中

木曽五木のひとつ「ねずこ」を鉋削りしていました。

チェーンソーで伐っていても解りますが檜よりも数段柔らかく感じてサワラや杉と同等の感触。それでも「同じ木曽五木のひとつ似たようなものでしょ?」と気楽に挑んでみましたが・・・・まったく駄目でした。

一応鉋を研いで檜で試し削りして良いと感じてもねずこを相手にするとダメです。

柔らかい杉の鉋削りは難しいことは良く聞いておりましたが少し雰囲気の似た感じのある「ねずこ」も柔らかいせいかボソボソしたり逆目掘れとはまた違った感じのするむしれ方をしているようにも見えます。

改めて鉋を手入れしてチャレンジしてみますが今の私には手に負えない代物かも・・・・・う~んやっぱり鉋は難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

砥石の修正

「研ぎ」を練習していると必ず直面する問題が砥石の修正と思います。私は日々これに悩んでいますね。

私にとっての「砥石修正」は平面修正と砥石表面修正が主になります。

以前の平面修正は安いダイヤモンド砥石を荒中細と使いわけしていました。ところが刃物の研ぎにも使用していたため最近はヘタってきていて、砥石面全体が均一の粒度でなくなってきました。その結果、砥石の修正に使用しても平面に修正できなくなってきました。

先日試用させていただいたシャプトン・ガラス修正機は大変高価であることとダイヤ砥石であることには変わらないので減るのが怖くてあまり使えませんでしたが大変良いと感じました。

ところが、値段が高いことや耐久性までは解らないので今だ購入には踏み切れておりません。同じくシャプトンの「空母」は更に高精度でダイヤの再電着が可能な優れもののようですが片手万円くらいする値段で手が出ません。再電着もそこそこの砥石が買えそうな費用がかかりそう。

他の修正器も検討してみましたが、どの製品も砥石修正に使用するうちに摩耗して修正器を修正しなければいけないとのことで更に難儀しそうな気がします。

とはいえ、砥石修正できないと始まらないので一月程前から安価で修正可能な曼荼羅屋さんが紹介されているGC荒砥石を使用する砥石修正を試みています。

修正器としての投資は1100円×2個と超安価です、他に必要なものはステンレスの直定規。(GC荒砥石を共擦り修正する前には一応ストレートエッジでも確認します)

初めて文章で拝見したときは「とても私ごとき素人ではマスターできない職人技」と感じましたが一月程やっているとコツも掴めてきて結構できるものです。

曼荼羅屋さんも書かれていますがGC荒砥石は摩耗しやすいですが、それを逆手に取れば平面に直し易い!GCのみならず砥石の修正も早めに行うことを心がければGC砥石2個4面を利用した共擦りで馴れれば意外と簡単に平面を作り出せるようです。

砥石面の修正は#1000は平面修正のみ。#2000は(実験中ですが→)仕上げ砥石の面修正に利用するときもあるので平面修正後に名倉で面を整えることもあります。

仕上げ砥石の北山#8000は柔らかいせいか?名倉で面を整えるだけで問題ないように見受けますが私の所有する天然砥石は名倉では面に細かな傷が残るような気がします、相性が悪いのかな?

長く研ぎこむうちに良い状態になりますが気になるので今は面調整した黒幕#2000と共擦りが良いような気がしてます。(天然砥石はできるだけ砥石修正しなくて済むように研ぎながら面修正するように心掛けてはいます)

話は戻りますが、GC荒砥石2個を使った砥石修正は小さな投資で中々良い方法と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

今夜も

少しだけ一人削ろう会(のマネごと)をしました。

Korekatsu1_2

先日のクラフトフェアで購入した5000円の中古鉋「是勝」寸8です。

値段を考えるとひとまず満足ですがまだまだ鉋の力を引き出し切れていないと思います

昨日の田中正一郎作「荒磯」東郷レイ号の感触が良すぎて少し物足りないです。同じような厚みの削り華でもとにかく引きが軽かったです。

それでも鉋はそれぞれの個性があるようで大変面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

久々に

薄削りの練習しました。

仕事が激務気味で趣味の時間を中々作り出せない状況ですがせめて鉋だけは少しずつでも触って上達したい。

少し前に駒ヶ根クラフティア杜の市にて5000円で購入した中古寸8「是勝」をコツコツ研いでいる最中です。5000円で切れたら最高だけどどうなることやら。

今日の相棒は↓です。これまたヤフオクで購入した中古鉋寸8です。購入後暫く経っておりますが少し刃コボレがあったり裏切れ寸前だったりしたので気が向いた時に手入れしてきました。まだ研ぎこみが足りないとは思いますが初削りとしては良く切れる印象です(*^_^*)

P1030203

P1030205

蒼龍・田中正一郎作「荒磯」です。鉋刃は中古ですが殆ど減っていません台は新台。共裏ですが何故かスカスカ・・・耳曲げのある裏なら叩いて曲げれば良いのでしょうが元々耳曲げの無いやつでガッチリしています少し叩いてみたけど曲りそうもない。どうしたら良いのかな?とりあえず別のを入れとくか・・・・・

蒼龍鉋は同じく田中正一郎作「万太郎」 寸6長台と「紋章」寸8を所有していますがどちらもスエーデン鋼で大変良く切れます。

今回の「荒磯」も同じ出品者からの購入で以前に「蒼龍はスェーデン鋼と青紙スーパーがある」と聞いておりました。

ところが「荒磯」は0号原子鋼の刻印があって珍しいとおもいましたが正体は東郷レイ号とのこと。

今や貴重な東郷レイ号鋼が良いのか田中正一郎氏の腕によるものか解りませんが東郷レイ号は噂どおり良く切れて研ぎ易いと感じました。

薄削りは私のスキルアップ次第でまだまだいけると思いますが檜でもミズナラでもとにかく引きが軽い!耐久性も高いと聞くので実用性高そうです。

余談ですが東郷レイと言えば三木の横山邦夫氏を連想しますが東郷レイ号は無くなってしまったそうですね。ラッキーなことに寸4と小鉋を隠し持っています(^^ゞもう少し仕込みの腕を上げてからの楽しみに温存しております。「荒磯」で更に期待が高まりました(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

元寿舟弘 「天慶」48mm

高田製作所の36mm小鉋「草心」東郷鋼を仕込んで気を良くした勢いで夕食後に元寿舟弘 「天慶」48mmも仕込むことにしました。

P1000191

元寿舟弘 「天慶」48mmは削ろう会に行った際に船弘氏ご本人から購入したものです。

絶対切れると定評ある氏の作品で切れなかったらショック大きいと思って触れず「飾りもの」状態でしたが無性に使える状態にしたくなりました。

購入後にもブログで書きましたが鉋刃、裏金ともにガタもなく隙間も見えないので裏押し、研ぎ済か?とも思いましたが先日船弘氏に聞いてみたら「(研いでません)研ぎを楽しみましょう」とのことでした。

一応、裏押し→耳落とし→研ぎを行いましたが殆どできていると思える状態でしたのであっという間にお終いです。

続いての台仕込みについても殆ど「すぐ使い」状態なのでしょうか?表馴染み、下端ともに一皮剥いた程度であっけなく終了でした。これだけ手がかからないと少し拍子抜け気味です。

P1000192

切れ味の方は?

さすが船弘氏の鉋!噂に違わぬ素晴らしい切れ味!あまりにもミズナラが軽く削れるので無意味に削りまくってしまいました。

日中に仕込んだ「草心」も良く切れて驚いたけど36mmと狭いので比較になりませんが私の所有する48mm小鉋の中では「長弘」とともに「ワンランク上」の削りができると思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

草心 寸二平小鉋

Soushin

雨で休みになりましたが本業の疲れが溜まっていて昼過ぎまで寝ていました(^^ゞ本業が大事ですから仕方がないですが木工するためのまとまった時間を作ることは本当に難しいと感じる今日この頃です

午後からは高田製作所「草心」東郷鋼36mmを仕込みました。小鉋は比較的短い時間で使える状態にできます。

下端は4点つきに調整したので木端削りや鉋台直し時の荒削り等に使い易いと思います。

ストック材の中で一番硬いミズナラで試し削りしました。厚めの台と寸二というサイズは幅の狭い材を大変削り易いと感じました。厚めの台は反り台などに仕立てるためでしょうか?一応「平小鉋」として値札がついていましたし同じ「草心」で反り台も売られていました。

2点つきの鉋で画像のような木端削りを調子に乗ってやっていると中凹になってきますが中すき少なめの平面に近い4点つきなので長台程ではないものの気楽に直線維持が可能です。

東郷鋼の鉋刃の研ぎはシャプトン黒幕#1000→同#2000→北山#8000で引きも軽く良く切れると思います。ナラでも良好でしたが檜なら当然「シュルシュル」っと軽々です。

刃先角は25度だったので通常の研ぎを行った後、刃先ほんの僅かのみ28度に二段研ぎしています。(少しでも永切れするよう期待しています)

研ぎ易さについては立鉋の刃が同じ36mmで青紙で、それと比較すると若干研ぎ良い印象ですが36mmでは解りにくいですね(^^ゞ

高田製作所「草心」東郷鋼、また良い小鉋が仲間入りしました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

クラフティア 杜の市

妻は買い物で不在でしたが一人プラリ~と軽トラに乗り込みお出かけしました。

行く先は私の住む所謂「木曽谷」とはお隣「伊那谷」駒が岳の麓で開催されている「クラフティア 杜の市」です。

「クラフティア 杜の市」は過去に3度程足を運んだことがありますがクラフトフェアとしてはかなり大きな規模と思います。

木工品よりは陶器、アウセサリー類の出店が多くて妻はともかく私自身はとにかく広い会場と人だかりにウンザリすることに加え大雨に見舞われることも多く前回行ったのはもう4~5年前のことと思います。最近は多くの木工家たちがレベルの高い作品を多く持ちこまれる印象がある「クラフトフェア松本」のほうが楽しみですが先月開催の時には雨のため行きませんでした。

今回「クラフティア 杜の市」に行くことにしたのは「ある人」との約束があったからです。

約束というのは少し前に「削ろう会」に行ったときのこと。素晴らしい鑿や鉋で有名な「元寿舟弘氏」から小鉋を購入した際、となりで(殆ど一緒にかな?)出店されていた新潟の刃物屋さん「太謙」の社長さんが「なんで船弘さんから買うんや~~~あの人はエエからウチで買わな~~」と会話が始まりました。

「どこで何されてるの?」と聞かれたので「木曾の樵です」と答えると「毎年駒ヶ根のクラフティアに毎年出展していて船弘さんにはお客さんが買った包丁研がしとるから来て頂戴~~~」

初対面ではなかったのですね。私は以前クラフティアでこの社長から鋸の目立てなどにつかう菱形のヤスリ(チェーンソーのデプスを削るのに使います)を少し錆びがあったりするということで激安200円で売られていたものを10本以上まとめ買いしたことがありました。

そのことを伝えると「それじゃあまた持って行くから来てね!10本?20本?にいさん住所℡名前は?」なんて強引にスケジュール表に予定を書き込んでました(^^ゞ

結局約束となってしまいましたのでワザワザ行ったのですがその社長に「おはようございます覚えてますか?」と尋ねると船弘さんを手まねきして「お前の小鉋買ってくれた人や~」。船弘さんにも挨拶をして「ところでヤスリは?」と聞くと「ありゃ!?箱に詰めて置いといたんだけど忘れてきちゃった~~~」とのこと(;一_一)

「おじさんが半ば強引に約束するから朝早くから出てきたのに~~」というと奥さんかな?「酷い話だね~~」と言われるとスタッフやお客さん皆大笑いでした。

「来年も来るからまた持ってきてね~~~」なんて社交辞令を言っといて大工道具を物色し始めました。マニアック(失礼)な人が集まる「削ろう会」と違って一般的なお客さんが多いので安価なものを沢山持ちこまれていました。

船弘さん曰く「若気の到り・・・・恥ずかしいけど一本3000円」と無造作に放り出していた鑿などインターネットではまず購入できない面白いものも沢山ありました。

新台で研ぎ直しされている中古鉋が3000円、5000円が沢山売られていて「安い割には丁寧に裏も表も丁寧に研ぎ直しされいるし、そんなに大切れでもないけど寸8ばかりか・・・・・もう必要以上に寸8あるからな・・・・」なんて眺めていたら社長が「私は研ぎ屋さんだからね~~そこらじゅうに声かけてかるから廃業された職人さんとかから集まってくるや。台だけでも3000円ぢゃ買えんからお得だよ~~~買ってって~~」「これなんか地金柔らかくて新潟では船弘さんと並び称される○○さんの鉋だよ~~」なんて言われてつい買ってしまいました。それにしてもこの社長商売上手ですわ(^^ゞ

P1030200

帰宅後ネットでその○○さんの鉋かどうか調べるものの真相は解りませでしたが27度に研がれているし裏金との隙間も見えないので手間をかけずに仕込めそうなので5000円なら安いものですね。外で一杯飲んだと思えばいいです(*^_^*)ヤフオクで中古鉋買うのは鉋初心者にはギャンブルと思いますが「太謙」さんの新台中古鉋は結構お勧めかもしれません。行商されているのを見かけたら要チェックです。

早速耳を落として裏押ししましたが少しですが刃をこぼしてしまいました(^^ゞ荒研ぎからですが明日以降とします。今日は表馴染みをとり台への仕込みは済ませておきました。安価の割には目の詰まった良い台と思いました。包み口でしたが今回は鑿で落として普通口にしました。切れるといいな~~~~楽しみです。

P1030199

ヤスリを買うだけのつもりでしたが他にも・・・・・・・お金持って出かけちゃダメです(T_T)

←から「狐崎ゆうこ」さんのシェイカーオーバルボックス、のこぎり1000円、寸8鉋「是勝」5000円 高田製作所 寸2平小鉋、玄能500円(裏出しに丁度良さそう) 

「狐崎ゆうこ」さんのシェイカーオーバルボックスは2個目の購入です。数年前にも殆ど同じ物を購入して毎日「めんぱ(弁当箱)」として使っているもの、最近くたびれてきたこともあり松本クラフトフェアで購入予定だったので出店されていてラッキーでした。

「狐崎ゆうこ」さんは本当に素敵な家具を作られる方ですがご本人もとても素敵な方。とにかく不思議な雰囲気のある方で私のような山で暴れまわっている者では緊張して話込むことはできません。サっと買って即退場です(^^ゞ

P1030201

私に手道具のアドバイス頂ける方のお勧め「高田製作所」も毎年出展されていることがわかってラッキーです。名工高田良作氏もとても気易く話かけてくれる方で感激でした。

数百円違いですが値段の安い青紙のものがありましたが「草心」は東郷鋼で良作氏から「研ぎ易くて耐久力がある」とこちらを勧めてくれました。台は通常の小鉋より一分ほど厚い追い柾台。刃幅が狭くなると少し厚い台の方がしっくりきます。3点もしくは4点つきにして使用予定。

これまた予定にないものでしたが36mmの平小鉋は前から欲しかったもの。面取りや木端削りなどに活躍してくれること間違いなし!加えて名工高田氏の鉋なので予定外でも問題なし!です。

つい衝動買いしてしまことが問題ですがインターネットでは入手困難なものが買えたりするクラフトフェア・・・病みつきになりそうです(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

保護

Bandori1

ムササビ?モモンガ?小さい方です。木曽地方ではバンドリと呼んでいます。

Bandori2

同僚が伐倒した枯木の中でのびていた子です。尻尾がめちゃくちゃプリティーです(*^_^*)夕方には元気になって林の中へ元気で帰って行きました。手のひらから飛び降りる時にはイッチョ前に羽?を広げて飛んでました(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »