« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

サボリ

本業の方で蓄積した疲労が抜けません。今夜も一杯ひっかけて早く寝ておきます(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

もう8月〆日

盆を過ぎた頃からやけに涼しいです。木曾地方は秋はもうすぐといったところです。

本当に時間が過ぎゆくのが早く感じる今日この頃です。

昨日、地域安全協会の集金が無事終了しました。親切に留守中のお隣さんの代金を立て替えてくれた方もいたりして嬉しかったです。

面倒で仕方がなかったですが少し気持ちが変わりましたね。暫く引受たくないですけどね(^^ゞ

集金は終了しましたが今夜は出勤簿チェックです・・・・頑張ります(@^^)/~~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

失敗のパレード

ルーターテーブルのフェンス設定を間違えてチークの枠材はパーweep端材ももう無い・・・・

ナラとパドックのストライプ寄木については、パドック材の順目逆目方向の統一を怠っているため鉋で削り辛い(;一_一)

もう一からやり直すことにします・・・・・集金を済ませてから、トホホcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

大ミス(/□≦、)

Cimg0139

今度の小箱の蓋は一松模様の予定でした・・・・画像のようにストライプ状態から更に分割、接着を行うだけですが切り代に余裕をみることを忘れておりました(T_T)

0.27mm厚の手鋸があるので、それで切り代1.5mm以内のカットができれば可能ですが私の技術ではとても無理です。

仕方が無いので今回は妥協してストライプ模様で行くことにします。一松模様は次回とします。

Cimg0135

夏バテ気味で三日間程は帰宅後バタンキュー状態でサボっていました。

それにしても最近は薄削りの練習しなくなってしまいました。製作しているとやっていられないですね。

製作途中にする研ぎは時間短縮のため適当というわけではないけど必要以上にやらないようにしています。

研ぎも薄削りも退化していそうな気がしますが不思議とどうでも良くなってきました。

やっぱり「モノ作り」しながら相乗効果で上手くなって行ければイイかな(^^ゞ

そろそろ安全協会の集金もしないと・・・・(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

今何丁?

お盆前は雨ばかりでしたが様子が変わって良い天気が続きます。

例年より涼しいとは思いますが炎天下で一日伐採してくるとグッタリです。帰宅して夕食後は居間でオヤスミ(-_-)zzzでした。

8月中に地域の役で交通安全協会の保険料を70人分程集金しなくてはいけないのですが、スッカリ忘れておりました。木工も控え目にしなくてはいけません(T_T)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鉋は今何丁と質問頂きましたので工房で数えてきました。予想以上にありました(^^ゞ恥ずかしいので内緒にしておきます。

殆どがヤフオクで入手した中古鉋ですが散財しているものですね。

中古チェーンソーをヤフオクで処分したりして、家計には負担をかけないようヘソクリの範疇でやってきましたが「チリも積もれば山」、ドミノをセットで買えるくらいは(それどころではないか?(^^ゞ)ありますね。

Cimg0127

小鉋だけで17丁・・・・・これでもまだ使ってみたい物があるから手に負えません・・・我ながら( 一一)

除霊とかお祓いってあるけど、私の場合「物欲祓い」して欲しい今日この頃です(@^^)/~~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

寄木蓋水楢小箱

Cimg0105

接着した寄木の蓋。

縦目、横目が混在しますが鉋で目違い払い。使用鉋は仁村工房「天の龍」、青紙の山本鉋刃で良く切れる48mm平小鉋です。田中さんが少し前に購入したものと同じです(^^ゞ

この後ルーターテブルで段欠き加工と取っ手を取り付けました。

Cimg0108

クルミオイルを塗布して完成\(^o^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

終了(。>0<。)盆休み

明日から仕事です・・・・連休最終日ですがチェーンソーの整備をしておきました。

Cimg0094

ハスクバーナ357xp×2台、キャブレター内に水が混入したようです。

チェーンソーは殆どハスクバーナー社のモノで25cc~90ccオーバーのものまで7,8台程あるでしょうか?用途に応じて使い分けています。

小型は樹上作業、大型は1mクラスの大径木といった感じです。

この357xpは57ccで私の職場の者たちは殆どこの機種を使っています。私は372xpという72ccの機種がメインですね。

スチールも使ってみたい気がしますが販売店の関係や近所で安価なソーチェーンを入手しづらい等のランニングコスト的な事情で所有したことがありません。評判は良いですよね。ハスクバーナーも私が林業をはじめた時以来の付き合いですが抜群の信頼性です。

余談かもしれませんが「XP」表示のある機種がプロ用機となっており耐久性、パワー共に一般機に比べ高いものとなっております。長年お世話になっているので宣伝、宣伝(^-^;

この二台は現場で誰もが使えるように放置していたせいもありますがメンテナンス不足でした(^^ゞ

Cimg0095

時々の事なら販売店に修理依頼するのですが今年は何度も修理依頼しているし2台もやってもらうと1万オーバーは確実、久々に自分でやって経費節減です。

キャブレターを分解清掃して元にもどしたらバッチリでした。

Cimg0100

午前中に2分割でクランピング状態だった寄木の蓋、ある程度硬化を確認できたので一度クランプを外し慎重に微調整して合体\(^o^)/

今日はこれにて作業終了して明日からの仕事に備えます(@^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寄木

チェーンソーを整備しなくてはいけないんです・・・・・(^-^;

寝過した上に午前中は工房に行ってしまいました。

Cimg0087

今回の小箱の蓋は単純な寄木を2種類チャレンジしてみようと思います。

盆前に加工しておいた部材を鉋で微調整。

Cimg0089

サネは3mm厚の6×30mm 8mm幅から6mmに鉋で削っています。

このような微小部材はパワーツールでの製作は厳しいと思いますが鉋とジグで簡単かつ安全に制作可能です。しかも微調整は自由自在です( ̄ー ̄)ニヤリ

Cimg0091

一度に接着も可能ですが慌てず確実に進めます。

午後からはチェーンソー整備ぢゃ(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

無事帰宅

1泊2日の帰省でしたが無事帰宅しました。

鉋や鑿等の大工道具は当然でパソコンすらない状況でしたのでグータラすることと実家のアイドル「まーくん」にピッタリ「マーク(ン)」されている状況でした。

Markun

まーくん

デジカメが相当古くてバッテリーも駄目になってきていたので新調しましたので我が家のアイドルも記念撮影( ̄ー ̄)ニヤリ

Kolon

Kolon2

愛猫「コロン」

5歳程になると思うけどいつまでたっても幼稚な性格で「落ち着き」無し。妻はそれがお気に入りで目に入れても痛くないそうです┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

盆休みも明日が最終日。チェーンソーを二台程整備しなくては・・・・・メンドイな(´、`;)ブツブツ

(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

帰省します

ちょこまかやっていましたが大したネタはありませんでしたので更新無しのまま帰省いたします。

帰省とはいっても、木曽から知多半島でたかだか120km程の距離です。過去に渋滞に巻き込まれたりしたことはありませんが静岡東名の崩落等で今回はどうなることやら?ちょっと読めませんね。

ちまたは盆休み終盤かもしれませんが、これから帰省、家族サービスの方は多いと思います。お互い気をつけていきましょう(@^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

最終日

今日の仕事を終えればやっと盆休みです。

とはいえ、たったの4日間(´・ω・`)ショボーン

岐路1.5時間程だか帰省もするのでゆっくり休むこともできないね・・・・

なにはともあれ最終日の今日無事に仕事を済ましてこよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

日々鍛練

ヘリコプター集材中は疲労で「研ぎ」の練習を連日で怠っていた。

案の定、なんとなく落ちているような気がします。

今日も疲れたけど一枚研いでおきました。

P1000293

船弘「天慶」小鉋48mm 使用砥石は黒幕#1000、#2000、中山合砥

研がれた刃物は美しい・・・・・(自己満足(*^^)v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

ボチボチながら進行中

P1000291

仮組良好

P1000292

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

超簡単 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 二分研ぎ

ヘリコプター集材第一ラウンドが終了しました。

使い殺されてズタボロです(涙)若手は仕事に行きましたがオヤジ2人は休養とさせて頂きました。

休みとはいえ、アチコチが筋肉痛で何もできません(´;ω;`)ウウ・・・

工房に行くことは行きましたが「二分研ぎ」だけして帰ってきました・・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「二分研ぎ」は有名な大工はんなりさんのブログ京都発・町家・大工はんなり日記で知りました。

新品鉋でもヤフオクで購入した古鉋も刃先角24~5度の大切れ刃になっているもの多くて理想と言われる28度~30度に直すのが大変と思い刃先だけ28度~に研いで良いものか?曼荼羅さんに質問したり調べたりするうちに知ることになりました。

前にも書きましたが愛媛の山本さんという凄い達人が考えた研ぎ方とのことでご本人に教えを受けたというはんなりさんのブログに全貌が記されており、やってみると超簡単で確実に切れるようになります。

今のところは時間をかけて通常の研ぎ方で研ぎあげた方が良く切れますがとにかく早くて簡単です。

同じ砥石やパウダーがないので私の持っている砥石と私なりの解釈での話になりますが知らない方の参考までに記しておこうと思います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まずは使う砥石の平面をキッチリ出しておくことと裏押しが正しくできている事は前提です。(私自身できているかどうかは微妙ですが(^^ゞ)刃こぼれが出来た時などは更に研ぎこみが必要となり、普通に使って切れ止んだ時の研ぎ方と思います。

今までは最後の二段研ぎのみグリンテックを使用していましたが今日は全工程グリンテックでやってみました。

P1000278

まずは面直ししたシャプトン黒幕#1000で鎬面を整える。

はんなりさんは鎬面を整えたその後、黒名倉で面を整えて更に刃返りが立つまで研ぐとのことです。私は黒名倉がないので三河白名倉でやりました。

続いてはんなりさんはキングG-1もしくは「嵐山」とパウダーを使って仕上げに入るようですが、それらを所有していないので「嵐山」#6000の兄貴分「北山」#8000で行います。

はんなりさんは少量の水にパウダーを溶かしておき、グリンテックで一度起こして研ぐとのことです。

P1000282

私はパウダーを持っていません。白名倉で研ぎ汁を出すなどして試しましたが一番よかったのは、一度グリンテックを外して軽く通常研ぎを行って研ぎ汁を作ります。

それからグリンテックで中研ぎ時より一度起こしでセット。押しつけ軽めストロークは勢いよく15回程研ぎます。これで刃返りは小さくなっているようです。

その後左の裏押し用のガラス砥石#8000で裏と表を交互に3回程研いで終了です。

最後の刃返り処理は裏も表もごく軽くやっています。

P1000289

軟らかくて良い削り華がでました。鉋はヤフオクで8000円程で買った中古鉋「延善」

ものの数分で檜をこれくらいに削る「研ぎ」はできます。複雑な杢のある木や超軟木は話が変わると思いますが通常の硬いミズナラも良く切れると思います。

最後の仕上げ研ぎを天然砥石でやってみたりもしましたが硬い砥石にいきなり刃先を当てこんで行くこの研ぎ方には合わないような気がしました。微細な刃こぼれを作ってしまうようです。

通常の研ぎで十分な研ぎ汁を作って砥石と刃先の当たりに留意してやれば結果は変わるかもしれませんが刃当たりが優しい「北山」なら水だけでイキナリ刃先を当てていっても失敗にはならないようです。

刃先のみを矯正的に当てていくということは砥石面をヤスリ的に使っているようなもの。通常研ぎを行うことで砥石面を滑らかにしているのが良い結果になっているような気がします。

あとはどの工程も砥石が減る前に仕上げれば殆ど失敗はないと思います。例えば中研ぎでやりすぎて砥石が中凹状態となり刃先が幅方向に丸みを帯びると仕上げ砥石に乗せる際に刃幅一杯が砥石に当たりません。仕上げ砥石に乗せる段階で刃先が真っ直ぐに仕上がってさえいれば成功です。

激早!超簡単!研ぎに時間をかけたくない人向き!ぜひやってみて下さい(*^^)v

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

裏押し 補足

ヘリコプター集材で使い殺されました(T_T)

三人で1週間程伐った材は通常なら架線を張って集材して架線撤収することで更に2~3週間程はかかる仕事ですが1日で殆どを集材してしまいました(´;ω;`)ウウ・・・疲れた

簡単で確実に良い刃がつくと言われている「2分研ぎ」を私なりにアレンジした研ぎ方(私の技術ではさすがに2分研ぎをそのままやっても上手くいきませんでしたからね(^^ゞ)をアップしようかと考えていましたがヘリコプター集材終了後ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日も早く寝ますが「裏押し」の補足です。

但し私なりのやり方ですから正しいかどうか解りません。多くの達人がホームページ等で色々な方法紹介されているのを見ると皆さん自分流儀があるようですので、結局は自分に合った方法を試行錯誤の中で見つけるしかないのかもしれません。

試行錯誤を楽しみながら見つけた現在の私に合ったやり方ですが良くも悪くも参考になる方は試してみて下さい。

色々実験的なことをしても、グラインダーでガンガン研いで熱を加えるなどの余程のことをしない限り刃物が駄目になるようなことはありません。以前より切れることを実感すると結構楽しく嬉しいものですので興味のある方はどんどんやってみると良いと思います。良いやり方を見つけたら私にも教えて下さい o(_ _)oペコッ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

話がそれましたが補足です

新品刃など平面の出ていない裏を押す場合はダイヤ砥石などで荒研ぎしたり黒幕#1000からやったりしています。

ただ上記方法は傷が深くなるので#2000から当ててみて数回の面直し程度で行けそうな場合は#2000からやっています。

その#2000でも研磨力を重視するときは面直ししたそのままで水少なめ、直ぐに面直しするつもりで多少刃先先端側に入力しつつやっています。

大体平面が出ていて滑らかに鏡面にしていきたい時は[面直し+三河白名倉で面を平滑にしつつ研ぎ汁を出す]という形でやっています。
白名倉で擦るのはイボタ蝋を塗っていない所ですね。鉋刃よりますが黒幕#2000でかなりの鏡面になるものもあります。鉋刃ではなくて私のその時の調子によるものなのかもしれませんが(^^ゞ

求める研磨力によって砥石面の状態操作が可能ということですね、多少ですけど。

「可也いい線まで来た!」と思ってもまた曇ってきたと感じたりした時は再び砥石の面直ししてやると上手く行くことは多いです。

黒幕#2000はそれなりに硬い部類の砥石と思いますが研げば減ります。

良い裏に仕上げようと思うなら早め早めの面直しをした方が良い結果となります。(「空母」を導入した理由のひとつです)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

恐らく焼結ダイヤモンド砥石を使えば更に手間は省けるでしょうね。将来は導入してみようと思います。

但しダイヤモンド砥石ですので「空母」等修正器による修正はできませんので「擦り合わせによる平面出し」の技術が必要です。その点から[中砥石+精度の高い砥石修正器]による裏押しはお勧めの方法の一つと思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

少し前までは安価なGC荒砥石を二個擦り合わせて平面にして、修正す砥石と擦り合わせて直していました。少し時間がかかりますがこの方法でも十分面直しが可能です。

但しGCで面直しした砥石面は荒れていますので私は人造名倉で面を滑らかにしてやることで良い結果がでました。

いくら空母といえども荒砥石の修正はNGですのでGC荒砥石との共擦り面直しもマスターしておくと役に立つ良い技術と思います。曼荼羅屋さんが詳しく紹介しています。

(@^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

裏押し

  明日からヘリコプター集材です・・・・まあ何度もやっている仕事ではありますが最後にやったのは3年以上前のこと。今回は人工林にも関わらず天然木も吊れる大きなヘリコプターなので使い殺されること必至(ToT)明日に控えてノンビリ体を休めています。数日は好きな鉋すら触れないことでしょう。

最近は裏押しに重点を置いて研ぎをしています。

「裏押し」なんて鉋を買った時と研ぎ最終段階での仕上げのみと思っていました。

ところが削りで切れなくなれば裏も消耗しているようで表を研いでいるだけでは切れるようにならないこともあります。中研ぎの際には刃返りがでるまでやっているのですがね~~

というこことで最近は研ぎのはじめは裏押しからやっています。あまり裏を研ぐとベタ裏が心配ではありますが今のところ目で見て解るほど進行はしません。少し刃先が返るくらい裏出ししてからやると良いような気もしますが、ちょっとそこまでやる勇気はありません。

P1000257

使う砥石はシャプトン黒幕#2000と仕上げにガラス砥石#8000。曼荼羅屋さんでも紹介していた焼結ダイヤモンド砥石を導入したいところです。

砥石による裏押しは平面が命。今は面直しの強い味方「空母」があるのが心強い。高かったけど納得、満足、2年以上問題なく使えれば更に素晴らしいですがそれは使ってみてのこと。それにしてもまさに完璧と言える商品、鉋を数本我慢して先に買うべきでした。

P1000262

まずは面直し。シャプトン黒幕シリーズ、ガラス砥石シリーズの砥石台として使い、面直ししたい時その場でできるのが兎に角GOOD!!

修正にかかる時間は私の通常の減り具合なら1分と掛からず完璧(と思う)な平面にできます。3本のストレートエッジで検査しましたが、どこに当てても光が漏れないので砥石もストレートエッジも精度良しでしょう。

P1000260_2

普段は線は引きませんよ(*^_^*)

斜線の部分にイボタ蝋を塗り砥石を4分割で使えるようにしておきます。イボタ蝋の滑りの恩恵で刃先側のみ下ろしやすいです。(曼荼羅屋さんのブログで紹介されています)

一度正しく裏押しされた刃なら片側だけで十分ですが新品刃やヤフオクで購入した古鉋刃等ものによっては何度か面直ししたり黒幕#1000からはじめる場合もあります。

P1000266

黒幕#2000での仕上がり。今日の小鉋は少々曇り気味かな?

P1000267

続いてガラス砥石#8000で仕上げ研ぎ。先日まで天然砥石でやっていましたが色々実験中です。

P1000268

はみ出た鼻毛も映ります。

P1000270

続いて中研ぎ。黒幕#1000→#2000

最近、中研ぎは横研ぎが主体です。馴れると砥石や鎬面の平面を維持して下ろしやすい上、刃返りを大きく立たせすぎないような気がしてやっています。

P1000271

普段使いの仕上げは「北山#8000」で十分。砥石も研ぎ汁も軟らかくて失敗はないです。軟らかくて減りは早いですがその分修正も楽です。

気分によってはグリンテックで1度起こして2段研ぎをします、その場合楽に短時間で確実に切れるようになります。

最後にガラス砥石での裏研ぎと交互に数回やって終了。

P1000275

天然砥石で仕上げると更に見栄え良く鏡面になるんですけどね。天然砥石はあまり手入れしたくないので・・・・・

最近は試し切りしてOKならマイクロスコープで見るまでしません。

P1000277

今日も快調でした(*^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »