« 7月1日の粗食日誌 晴れ 撤去/架線 | トップページ | 7月5日の粗食日誌 晴れ 集材 »

2011年7月 4日 (月)

スポンジ状態の肉体

先週は夕食を超粗食で過ごして迎えた土曜日の勤務は少しスタミナ切れ感がありました。

エクササイズも暫く休みなしでやっていたので土曜日夜~日曜日は休養日として食事もあまり気にせず食べたいように食べるようにしました。この様なことはたまにやります。

ここで問題になるのが私の経験上・・・・

体脂肪率が15%~18%くらいの標準値くらいだと殆ど問題ありません。それ以上で既に普段から蓄えている状態ですので多少の過食であればこれまた問題ありません。

ですが15%以下くらいからになると多少の過食でも直に体が蓄積状態になりシビアに増量します。

一般的にはカロリー摂取量7000Kcalで1kgと言われていますが明らかに7000kcal摂取していなくても簡単に1kgやそこら増量したりします。

ボクシング界では有名な亀田兄弟の次男君が言っていましたが減量すると体が「スポンジ状態になって何でもすぐに吸収する」と言っていました。

私の自分自身の人体実験でも納得できる話でしたし、この土日でもそうでした。

先週末はW 73.2kg 11.0%でしたが今朝はW 74.6kg 10.8%でした。

体脂肪が減っているのはプラスマイナス1%くらいは誤差があると考えていますので気にしていませんが休んだことによる「超回復」といわれる筋肉の成長もあるのでなんとも言えません。

減量はなかなか難しいのに増えるときには一気・・・しかも摂取カロリーを無視した食べたり飲んだりした重量そのまんま増量している気がする。あまり体脂肪をへらしすぎても、どちらかというと飢餓状態で蓄えの少ない状態ではチャンスとばかり蓄えに入るのかもしれませんね。

やっぱり標準値というのはダテではなくて色々な面で一番安定性のあるところなのかもしれません。

本格的な暑さに対処するためには多少の増量覚悟で少し対策しようと思う今日この頃です。

|

« 7月1日の粗食日誌 晴れ 撤去/架線 | トップページ | 7月5日の粗食日誌 晴れ 集材 »

健康日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438475/40673891

この記事へのトラックバック一覧です: スポンジ状態の肉体:

« 7月1日の粗食日誌 晴れ 撤去/架線 | トップページ | 7月5日の粗食日誌 晴れ 集材 »