« 2011年10月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

with 相棒(BMW R1200GS-A)

Cimg1130

塩尻市 「カモシカスポーツ」

Cimg1131
塩尻市 多分、桃畑

Cimg1126
道草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

リコール [Petzl Zig Zag]

Zigzag02

友人ブログから画像を拝借。とはいっても写っているのは私です(/ω\))

前記事で触れた [Petzl Zig Zag] 

何か新しい情報はないかとチェックしてみたらリコールになっていました・・・

改良版の発売予定は来年とのこと(泣)

返金・回収となるのかな?・・・いずれにせよ、この素晴らしい使用感を来年まで味わうことはできない。

残念、無念・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご安全に

Cimg11183_2

先週の画像ですが今日も同じことをしました。

ただし同じ道具は使えませんでした。

Cimg11143_4

「ペツル ZIG ZAG」

ロープクライミングの際、上り、下降、落下防止、自身の安全を担うのに一番重要なツールです。中央よりやや下の金色のやつです。

早速(ご存じの方は見てのとおり)私は思いきりイレギュラーな使用方法もしております(汗)

ご存じの方もおられると思いますが販売されはじめて間もない注目・話題のツール。実際素晴らしい使い勝手でまさに「目から鱗」な素敵なやつです。

ところが先日、ついにメーカーお膝元のトレーニングセンターにて落下事故が起きてしまいメーカーから原因分析・対策等の発表があるまで使用停止勧告がされたようです。

発表された事故報告を見ると気をつけていれば問題ないとは思います。

が事故とは思いがけないことで起こるもの。

多くのレスキュー用品をリリース、更にはその分野における世界的にトップメーカーとの呼び声も高い「ペツル」の威信をかけて世に出される対策案を聞くまでは大人しく使用を停止することにしました。

それなりに高価ですが、「命を預ける」それに見合う素晴らしい性能を持つツールに変わりはないと思うので万全かつ早期の対策を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曽路道草2013-04-26

Cimg11122_3


急な雨の昼下がり・・・道草しながら帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

個人輸入

久々に創作意欲が湧いてきた。日本では入手困難な材料を仕入れがてら久々に木工用品を少しだけアメリカから個人輸入。

少し前にから高所作業用品を個人輸入した時の送料を考えると高っいな~。モノは安いのだけど、こんな軽くて小さな小物がこんな送料かかってたかな~???イギリスのそのお店が良心的なだけ!?

まっ、仕方ないか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

爆笑

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! ひぃ~~腹イテっ

昨日紹介の「バイバイブラックバード」最高。

すぐに読みきるのはもったいなくて半分程ですが「漫才○ャング」の時の比じゃないかな。

そろそろ読もうかな?と思い出すだけで笑えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

バイバイブラックバード

昨日は会議等で行けなかった北へ一時間強の塩尻市贄川の現場は10cm程の雪が積もっていたという。

「マジかよ?もう溶けてるべ!?」と苦笑いしつつ確認もせず軽装で一日過ごしたら最悪・・・びしょ濡れだし滑るから足ガクガク(泣)

今夜も布団にくるまって読書してつつ寝ます(_´Д`)ノ~~

20130423190710

昨晩数ページ読んだけど面白そう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

「るり姉」

F1000057

「やる」と決めたことは沢山あるのですが・・・昨日ふらり立ち寄った本屋で「笑って、泣いて」のキャッチコピーについつられて・・・・

ほのぼのとした単純な内容ですが本当に笑って泣けました。中盤以降はトーンダウンした感じでしたが後半に私の故郷の知多半島が舞台になり、つい先日に訪れた地の光景が目に浮かんで一気に読めてしまいました。

木曽に出てきて両親、兄弟、親戚と会う機会が少なくなりましたがもう少し機会を増やすべきかなと感じました。

F1000056


先日やっと読み終えたこちらは医療関係の物語とあって難しく手強かった。臨場感あって面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

久々の雨

雨で予定はキャンセル、それにしても寒いな風邪気味のせいか・・・・

F1000051

昨日届いた仕事で使う道具たち。このところ強烈な高所作業が多かったのでそれに伴う用品たちを追加。ハンドアッセンダー、キャリツールL、リギングプレート、ロングランヤード自作や多目的使用のためのロープ。

ハンドアッセンダーは同じくKONGのフツラハンドを所有しておりますが手が大きい私には合わない気がして導入です。手がかり部の大きな開口部に両手が入りそうで選択しましたが若干狭かったです(汗)やっぱ手デカイのね・・・「白魚のような繊細な手だろ?」って言うと皆が苦笑するのが良くわかりました(苦笑)

それにしても仕事、趣味問わず道具が多いこと・・・・

特に仕事に関する道具は時に命に関わるものであり効率を上げるためには良いものがあれば導入していくことになるので仕方がないけどそれにしても尋常じゃない程の物量。

今日は長くお世話になっていない道具たちを整理中。

暫くお世話になっていなくとも手にとると思い出が蘇る。

気持ちは手放したくもないが道具は使われてこそ活きるもの。活かしてくれる方に委ねたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

芽吹き

Taranome

自宅前でタラの芽も芽吹いていた

オレはお隣さんのお前は食わないけど、きっと誰かに食われるのだろう・・・・

二度程は採られて食われちまうだろうが辛抱すればもう誰も採らまい。いつものこと・・・時にお前は3.4回と採られても枯れずに顔を出す程力強い。

お互い成長して、また来年会おうぜよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒

R1200gsa0419


BMW R1200GS アドベンチャー

急遽休みが取れたので数か月ぶりに外に連れ出した。

風邪気味であまり遠くには行けなかったけどいずれまた行こう。

行先は走りながら決めればいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

木曽路道草

F10000381

F1000043

いずれも携帯電話で背伸びしての撮影(^-^;

F10000461_2


撮影技術はさておき春は美しい



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

あっ・・・・

カメラ現場に忘れてきた・・・

それにしても今の現場は遠い・・・若手に今日の段取り考えるからと言って運転させつつも実は毎日一時間半程の木曽路プチお花見。

それにしても春の木曽路は美しい。秋の紅葉なんてどうってことない。

齢42、自分の「きこり」人生・・・もう少し咲き誇りたい・・・・まだ散ってはいないと思う。

そのために「re-start

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

A small spring

Cimg1057

殺風景な針葉樹林の中にも小さな春

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

ミツバツツジ

Mitubatsutsuji00161


Mitubatsutsuji0019_2

Mitubatsutsuji0009

南木曽町天白公園 ミツバツツジ群生地
写真がイマイチですが現在満開で見どころ。

桜にひけをとらない美しさ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

Cimg1036

木曽の桜は種類によってはまだ満開です。上松町以北はこれからという種類も。

これからミツバツツジや新緑が見どころです。

Cimg1026_4

少し前にお隣岐阜県中津川市にて撮影

気分転換に桜樹上15m程ですが木登りしてお花見してみました(職権乱用)

桜の花の中に抱かれたような・・・下から眺める桜とまた違う風景が広がっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

2年も放置か・・・・

それでも新しいお客様なのかこんなブログにアクセスして頂ける方々がおられるのですね。誠にありがとうございます。

生まれ故郷の愛知から飛出し木曽の林業に就いて20周年。
2013年春は私にとって大きな転機、再スタートとなりました。

転機、再スタートというのは自分の中で多岐に及びますが手始めにはふたたび自分の核である「きこり」としての情熱を再燃させることです。

先日我が社に入社してきたフレッシュマンに新人教育をした際に夢、希望にあふれた姿とふれあい自分の20年前の気持ちも走馬灯のようによみがえりました。

近年どこかで仕事のことは慢心していた部分があり、生活の糧としてこなしている感がありましたが初心に帰ったつもりで更なる「きこり」の高みを目指し後進たちに背中を見てもらうに恥じない姿を取り戻したい。

そんな心境の変化にともないブログタイトルのほうも旧「kikorieno@forest」から「きこり-の@forest」へと改めました。今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2013年5月 »