2014年9月30日 (火)

2014シーズン終了

本年も沢山のトラウトたちと出会えて感無量です。

シーズンオフとなった今から来シーズンが楽しみです。

色々思うところあって、これまでの釣りに関する記事の殆どを非公開にしました。

誤字脱字多く、おかしな文章ばかりで削除でもよかったのですが一応私の思い出。

読み直すことはないと思いますが削除は思いとどまりました。

今後どうなるかは解りませんが

このブログの記事にするための画像撮影を極力減らすことによって釣ったトラウトへのダメージの軽減に繋げたいと思います。

実は昨日夕方、この思いを抱き最終釣行に行きました。

ランディングネットもカメラも持たず30分くらい、撮影もできない、する気もないシーズン最後の釣りでした。

この時期ビックリするほどの元気な妖精達の姿を沢山見られる良い釣りができました。

ネット、ハンドに関わらずランディングを避け、水から上げないままフォーセップによるリリース。バラシもありましたが今は自動リリースと認識して私のなかでは獲れたうち。

来シーズンそしてその先にも成長した彼らとまた遊べることを願う今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

2014/09/11 やや貧果かな??

まもなくシーズン終了

いくらカレンダーを睨んでもあと一度釣りに行けるくらいだろうか・・・・

そんなことを考えつつ未明の超早朝からフィールドへ向かった。

木曽地方は既に涼しいを通りこして寒い。当然水温も相当に低く冷たい。

山奥で早朝からの釣りは好みではない。

が、シーズン終了間近なので何か所か周っておきたい。

何もできないが、お気に入りのフィールドに妖精たちは残っているものか見守りたい。

Dscf0728_2

最初に向かった先は今やホームよりお気に入りの場所

やはり此処は特別。夜明けと同時から妖精たちと出会えた。

もはやここでは釣りはどうでもいい。

極力通って無邪気な妖精たちに警戒心を持って頂きたい。

妖精たちのまさに楽園だから・・・・お察し下さい<m(__)m>

Dscf0726
産卵時期を前にプクプク。美しさも増している気がする。

Dscf0724

濡れた手で触れても、濡れたネットに触れても繊細な妖精たちの鱗は痛むという。

もう極力ランディングは控えています。この状態からフォーセップでリリース。

獲りたいときにはバレたりするくせ、この状態からテンション緩めて自動リリースを試みると中々外れないものなのが不思議^^;

Mさんに習って小さいものはチェイスがあってもルアーを完全停止するなどして極力のせない、獲らない。でもチェイスがあるとつい・・・・慣れるよう努力いたします

Dscf0734_2

手が痛い程冷たい水温の中、遊んでくれてありがとう。

夜明け直後から2~3時間こちらで過ごした。まだまだ楽しめるところでしたが十分釣果もあがって楽しめたので移動。

二つの支流を三か所。一か所は初の入渓でしたが半日以上かけておチビちゃん二匹ほどでした^^;

結構出てきたしバイトもあったのですが何故かのらない。超ショートバイト・・・・・

行ったところ全て被っていて暗めのところ。

やはり日の当たるところの方が出も活性も高いように見受けました。

時期的要因でルアーよりエサやフライの方が有利な気もします。

昨年もこの時期渋いことが多かったことを記憶しています。

開けた明るいところの方が良さげな気がしますが、恐らく最後になりそうな次の釣行もお山に行って終えたいと思います。

・・・・本日は行った情報では今週中にヘリコプター集材が再開する見込みと・・・

う~ん私の”木曽のシーズン”は終了???かも

2,3日中に雨が降りそうだけど寒いんで風邪ひきかねない気がする。

今年は相当難易度高いそうですが通年OKな犀川殖産デビューしようか迷う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

生命

Dsc_1306

現場内パトロール中に横切った某沢

木曽谷の美渓の中でも特に美しさ誇ると称賛される有名河川の支流

この下は険しい小滝が連なっており魚もとても上がれない。

私も長年眺めてはいたが仕事でなければ決してここに訪れることはなかったと思う。

いくつもの小滝を超えた此処はまるで天と地が入れ替わったと表現しても決して間違えでないような穏やかで美しい渓がそこにあった。

Dsc_1312

その昔はきっとイワナが沢山生息していたのだろう・・・・下流も相当魚の姿は少ない養魚放流されることもないこの細沢では獲りつくされてしまって絶えてしまっているのだろう・・・

こんな美しい流れには美しいヤマトイワナが居て欲しいものだ・・・・

そんなことを考えて歩を進めていたら・・・居た!!

小さな姿であったが私に気が付きノロノロと岩下へと逃げ込む姿。

奇跡の一匹か!?お嫁さんかお婿さんを連れてくれば増えるのであろうか?

そんなことを考えて更に歩を進めると・・・再び発見!!

小さいけど、僅かながらだけど居るには居る。

頑張って家族を増やして沢山の妖精たちで躍動感ある楽園になって欲しい。

いつかまた訪れたいと思う。もちろん釣りはしない。

生命を育む渓・・・・感動した。

グレート


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

尺には泣かされ、泣きの尺




2014/09/15 某所

Dscf0682


Dscf0684

ファーストフィィッシュ


Dscf0687


Dscf0693

今日は昨日後半で試した、自分にとっては新しいメソットにこだわって釣りをしていた。

このような狭く浅い源流でのメソット。

ここでも通用はする。だが従来の攻め方よりもしかしたら釣果は落ちる可能性はある。

だが非常にエキサイティング!!昨日同様久々にハラハラ~ドキドキだった。

とりたて新しいテクニックではないだろうが忘れられつつあるテクニックなのだろう。

知ってはいたがやってみるのは初めてのこと

柔軟な思考で色々試すと本当に面白いことが起こるものだ・・・・


Dscf0695


Dscf0698

おチビちゃんばかり釣れていた。

唯一と言える大場所は大物が潜んでいることはわかっていた。

他にも沢山居着く場所だが手前は捨てて大物が潜むであろう奥の深場へ重めのシンキングミノーを放り込む。

一発目でヒット!かなり良い手応え!だが姿も見ないままフックアウト!かなり手応え良かっただけに痛恨。

二発目、立て続けにヒット!今度も相当に良い手応え!慎重に寄せる。

久々に深場大場所でナイスサイズをかけたにしても良い手応え。中々に姿が見えるまで浮いてこないほどトルクフルな引きである。

姿が見えてゆうに尺上なのは解った。丸々とした大物だった。

が、手前2mまで寄せたとこでフックアウト!!

茫然・・・・だった。

でもこれが釣り・・・心中で流した涙を拭い次のポイントへと移動した。

その後もポツポツと小型のヤマトとはいえ楽しませて頂く中

何度か姿を見せた大物は獲れずにいた。

今シーズンも残り僅か・・・・もう大物とは縁は無いか?なんて思っていた頃


Dscf0709

まさかこんな終点近くの浅場で泣き尺ヤマト

尾鰭の下部は少々擦りきれている。

餌も少ないと思われるこの場所ゆえ痩せてこそいるが

このようなところで生き抜いてゆく厳しい生涯を想像せずにはいられない美しくも強い生命力を感じさせる姿でした。

Dscf0716

Dscf0719

Dscf0715

前回訪れた記憶があるまま攻略したので何とか獲れてしまったがそうやすやすと釣られない場所だと思う。が、きっとエサが流下するのも相当に少ないことと思われる。

次回訪れても貴方の処はスルーしようと思う。

姿だけみせて貰えればそれでいい・・・

Dscf0721

相当下って行けるところです。

こんなところは行かないほうが身の為です。






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

不調

未だに夏かぜは全快しておりません。
仕事へは復帰しておりますが夕方帰宅するとぶり返している感じです。

体調が戻ったら今シーズンは未だ一度も行っていないヤマトイワナの「ユートピア」に行こう。

「ヤマトイワナがユーホーム」ではないのでお間違えなくf(^^;



| | コメント (0)

«発熱